お世話になっています

  • ろば
    さかしたさんが運営しているblogです。日々の出来事や野球、旅行など話題テンコ盛りです!
  • 日々所懐
    joeさんが運営している「Boarding」内のblogです。食や旅行に関する話題で盛りだくさん!

私の運営しているサイト

無料ブログはココログ

« ナニワ一人歩き旅~第4章 難波から梅田へ その2 | トップページ | 梅雨寒ですかね? »

2012年6月 1日 (金)

ナニワ一人歩き旅~終章 梅田から羽田へ

5月もあっという間に終わりですか、トホホ…。

そんな訳でようやく大阪日帰り旅?も大詰めとなりました。
それでは早速どうぞ~。

Img_4654

という事でここからは阪急電鉄に乗って行く事に。
何処へ行くかは追々分かりますので。(オイ)

Img_4656

改札を通り階段を上ってホームへと着いた所で一枚撮影。
在り来たりかも知れませんが、ホームの多さに驚きました。(笑)
何番線まであるのか後で確認した所、9番線までありました。

Img_4659

そして一斉に発車する所を撮影、とは行かず。(苦笑)
向かって左から神戸線・宝塚線・京都線のホームとなっております。

Img_4660

と言う事で改めて宝塚線ホームから京都線ホーム側を撮影。

Img_4661

そして逆に神戸線ホーム側も撮影しました。
こうして見ると本当に広いホームですよね~。
関東の私鉄にはこの様なホームがないモンなぁ~。(JR除く)
出来れば近鉄や京阪、阪神も見たかった…。

そんな訳で私は宝塚線で急行宝塚行きとへ乗車しました。

Img_4662

梅田駅を発車して中津駅を通過し「淀川」の鉄橋を通過。
「淀川の流れは早い」と呟きながら一枚撮影。(オイ)
お隣はJR京都線(東海道本線)でございます。

Img_4663

淀川を渡った所で十三(じゅうそう)駅へと到着しました。
ここで神戸線・京都線とは3方向へ別れる事になります。

Img_4665

そんな訳で、てってれ~と急行は進んで行き豊中駅へ到着。
個人的に北大阪で思い浮かぶ街が豊中なんですよね。

Img_4666

そして次の駅である蛍池駅へと到着しました。
こちらで大阪モノレールへと乗り換える事になりますが、
もう何処に向かっているか分かる方もいらっしゃると思います。(笑)

Img_4668

という事でホームに上がりますと早速モノレールがやってきました。
こちらは千里や万博記念公園、茨木などに通じています。

Img_4670

そんな訳でモノレールに乗って次の駅は終点「大阪空港駅」。
そうです、所謂「伊丹空港」でございます~。
帰りはここから羽田行きの飛行機に乗る訳です。

Img_4673

私が登場するのは18時30分のJAL130便でまだ時間があるので、
4階の展望デッキへと出ましてANAの南ターミナル側へ進み。
モヒカン塗装のボーイング767-300(JA802A)を撮影しました。

Img_4674

今度はJALの北ターミナル側へ進み、J-AIRの機材を撮影。
手前側のエンブラエルERJ170が何とも可愛らしいですな。
乗り心地が良いという評判が多いので是非とも乗りたいですね~。

Img_4677

もう一度南ターミナル側へ移り、プッシュバックされる機材を撮影。
ボーイング777-300なので羽田行きですね、多分。(オイ)

Img_4680

そして両ターミナルの真ん中にあるガーデンを撮影してみました。
こういうのはなかなか珍しいと思いますが如何でしょうか?

Img_4681

またまた北ターミナル側へ移り、ボーイング777-200(JA771A)を撮影。
航空連合「one world」の特別塗装機でございます。
こちらは私の搭乗する便の前便(128便)だったりします。(笑)

Img_4684

 

そんな訳でプッシュバックされていく機材の後ろから、
私の搭乗する機材がやってきましたが、何だか同じ777なの?
確か130便はボーイング767-300だった気が…。

Img_4685

うわ~、やっぱりボーイング777-200だった~!
実は搭乗する1週間前に機材変更される事は知っていたのですが、
今回は767が乗りたかったという事で少々ショックでした。
いや、777は好きな機材ですが、幹線を選べば簡単に乗れる機材なので。

Img_4687

 

そんな訳で搭乗手続きを済ませて機内に入ってみますと、
シートの部分にこの様な小さなモニターが付いていまして、
普通は付いてないよな~と思っていると座席配列が2-5-2でして、
本来は3-4-3なのでおかしいなと思いました。

ここで気が付いた方もいらっしゃるかと思いますが、
この機材は以前「日本エアシステム」で運用していた機材で、
レジ(登録記号)は「JA8978」でした。
JAS時代はリボンで巻かれた塗装で「ぐるぐるセブン」という愛称?でした。

Img_4688

それなら良いか♪(オイ)と溜飲を下げ、DoorCloseの前に一枚撮影。
行きとは違いお隣は空席でした。

定時(18時30分)にプッシュバックし、羽田からの便の着陸を待った後、
RWY32Lよりエンジンから轟音を上げてあっという間にテイクオフ。
間もなく大きく左旋回して上昇して行ったのでした。

Img_4689

シートベルト着用サインが消え、電子機器の使用が可能になった所で、
飛んでいる様子を撮影してみました。ちょうど奈良県上空ですかね?

Img_4691

そして機内の様子もちょいと撮影してみました。
搭乗率は6割強といった所。伊丹行きで乗客が多かったから、
機材変更したのかどうかは不明です。

Img_4693

暫くしますと外はこんな感じで雲海が広がっていました。
行きの悪天候を考えると信じられないくらい良い天気でした!
羽田空港神社のご利益はスゴイですなぁ~。(笑)

Img_4694

そしてモニターで現在飛行している位置を表示させて撮影。
と言ってもこれでは詳しく分からないですよね。(汗)
大体三重県の鈴鹿より手前を飛行中です。

Img_4695

その内機内サービスが始まったので、コンソメスープを注文し、
機内誌「SKYWARD」と共に撮影してみました~。
JALに乗ると何だかコンソメスープが飲みたくなりますよね?

Img_4698

さてさて愛知県上空に入りますと眼下にこんな空港が見えてきました!
こちらはご存知の通り中部国際空港「セントレア」でございます。
滑走路が3,500mなので国際線の機材もバッチリですな。(当たり前だ)

Img_4700

そして愛知県を過ぎると当然静岡県に入るのですが、
またまた眼下に空港が見えて参りました!
こちらは富士山静岡空港でございます。
滑走路は2,500mなので大方の国内線ジェット機に対応しますね。

Img_4701

富士山静岡空港を過ぎますと駿河湾が見えてきました。
日の長い6月なのでまだ明るい状態でした。

Img_4702

やがて日が沈んできた頃に遠く富士山が見えてきました。
下はそろそろ大島に差し掛かる所でしょうか?

Img_4704

もう一度富士山に向けて撮り、ここで機内撮影は終了。
この後房総半島外を途中まで過ぎてアダムポイントから左旋回し、
半島を横断して木更津から東京湾に出てそのまま真直ぐ降下。
A滑走路RWY34Lへショック無しでランディングしたのでした。

Img_4707

A滑走路への着陸だったのでTaxingも短めにスポットへ到着。
のろのろと降りまして搭乗橋を出たところで機材を撮影。
でもこれでは分かりませんね。(汗)

Img_4708

 

そして最後は乗り損ねたボーイング767-300も撮影。
2012年6月現在、未だに搭乗できてません。(苦笑)

そんな訳で今回の旅?は如何だったでしょうか?
天候が悪いと言う事で本来は散策をする予定ではありませんでしたが、
神社でお参りしたお陰?で徐々に天候が良くなって最後は晴れてしまいました。
今度はコースを事前に決めてじっくりと散策してみたいですね~。
串カツで一杯飲りたいので一泊しないといけませんね。(笑)

さてさて次回予告、というか次回があるのかという所ですが、あります!
先日、話題のアレに乗ってきましたので。近い内にUPしたいと思います。

« ナニワ一人歩き旅~第4章 難波から梅田へ その2 | トップページ | 梅雨寒ですかね? »

街の話題」カテゴリの記事

コメント

夕映えと翼、夜の空港、なんかセンチメンタル。(←良い意味で)

しかし、空港が二つも見られてラッキーでしたね。

昨年6月、仕事がらみで写真の沿線をうろうろしてました。
(仕事がらみなので、東京←→新大阪は新幹線、残念)

当方、レアな(?)767系は乗った記憶がありません。
あたりまえの747/777/A300系ばっかりです。
最近、というかリーマンショック以降、飛行機が空いてますね。
一度、747で横一列、乗客が私だけということがありました。

次回も楽しみにしております。

かおるパパ様、今回もコメントをありがとうございます!

大阪の空港は今後の動向が気になる所ですが、
両空港の様子を見ることが出来て良かったです。
かおるパパ様も同時期に大阪にいらっしゃった様で、
新幹線も良いと思いますが、こちらも私的にはご無沙汰ですね。

そして同じく未だにB767系はまだ乗れていません。(苦笑)
国内で一番飛んでいるのですが、不思議な感じです。

それにしましても年を追う事に利用客が減っていますよね。
B787やLCCの登場で回復出来るかどうかですね。
という事で今度は早めに更新したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559345/54831292

この記事へのトラックバック一覧です: ナニワ一人歩き旅~終章 梅田から羽田へ:

« ナニワ一人歩き旅~第4章 難波から梅田へ その2 | トップページ | 梅雨寒ですかね? »